挙式・披露宴も核家族化!?

挙式・披露宴も核家族化!?

昨今の挙式・披露宴は、前出のように、形式ばって仲人と媒酌人を立てることなく、自由でシンプルなものを好むカップルが多いようです。大家族→核家族化した日常では、そのような傾向も納得できるかもしれませんね。
準備に時間がかかる挙式・披露宴より小さなレストランに、家族と親しい友人だけを呼んで行う披露宴や、家族だけで海外で挙式を済ませ、帰国後にシンプルな会費制のパーティーをする、なんてスタイルも人気があるようです。確かに、立場によっては、仕事関係や両親のお世話になっている方々を招待して盛大な披露宴を行うカップルもまだまだいますが、全体的にシンプルな、ちょっと豪華な食事会、程度が増えているようです。
同じ冠婚葬祭の類で、葬儀業界でも、核家族化、シンプル路線が広がっており、「家族葬」なるものが段々と定着しているあたり、日本人が、冠婚葬祭に対する手間を簡略化しているよう。そう考えるとちょっとさみしい気もしますが、もし冠婚葬祭を取り仕切る側でも、出席(参列)する側でも、心だけは簡略することがないよう、気を付けたいものです。婚活も挙式・披露宴も、結婚生活も同じです。スタイルはどうであれ、お互いの気持ちを量れるようでありたいですね。